テクニック

握手する男性

過払い金請求で気を付ける事とは

消費者金融や信販系を利用してお金を借り入れた経験がある場合、過払い金が発生しているケースが続出しています。過払い金は払い過ぎた利息であるため、所定の手続きを行えば取り戻す事ができるので、時効が来る前に早めに行う必要があります。 過払い金請求の時効は10年と決まっているため、全ての手続きを期限内に済ませる必要があるので、記憶を頼りに相談します。また自宅の電話に突然過払い金についての案内が来る事もありますが、過払い金請求の代理権を認められている法律の専門家が、初対面の人に対し電話で勧誘する事はないため注意が必要です。そのような事態に遭遇し不安を感じた場合は、最寄りの弁護士や司法書士等に相談する事で解決できます。

請求サービス利用時のテクニックとは

過去にお金を借りていたという事実を家族や勤務先に知られたくない場合は、連絡方法等を希望に合わせた方法で行う事ができます。過払い金請求を開始すると取引業者から電話が来る事は無いため安心ですが、家族や勤務先へも伝えずに取引する事は可能です。 またいつ頃利用した取引か分からない、どれだけの金額を借り入れしたかハッキリしない等、記憶が曖昧な点も会社名とおおよその時期さえ覚えていれば、明細書や契約書が無くても請求できます。そして過払い金請求をしても、原則的にはブラックリストに載らないため、信用情報機関に記載される事なく取引を進める事ができます。キャッシングやカードローンを利用した事があり、過払い金請求の対象か分からない場合も、無料相談会が各地で開かれているため、気軽に利用する事で悩みを解決できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加