二つの方法

笑顔の男性

自分で相続の手続きを行う場合

相続放棄の手続きは2つあります。自分で手続きをする場合と司法書士事務所に依頼して行なう手続きです。自分で相続放棄をする場合は、戸籍などの書類が必要になります。役所にいけば手続きに必要な書類をもらえます。必要書類を貰ったら、相続放棄申述書という書類が必要になります。相続放棄申述書は家庭裁判所やネットのホームページを利用すると記入できます。必要事項を申述書に記入したら、三ヶ月以内に申述しましょう。その三ヶ月を過ぎた場合は、上申書を作成しましょう。この上申書は、何故申述しなかったかの事情を家庭裁判所に説明するために必要な書類です。相続放棄の申し立てをした後は、照会書という書類が家庭裁判所から送られてきます。この照会という書類には、質問事項がたくさん書かれています。その質問に回答を記入した上で、家庭裁判所に送り返しましょう。あとは家庭裁判所で審理を受けて、何も問題が無いというのであれば、相続放棄申述受理通知書を受け取りましょう。

司法書士事務所に任せよう

司法書士事務所に相続放棄の手続きを依頼する場合は、気楽に利用できる事務所にメールか電話を使いましょう。電話やメールをすると、費用や必要書類などの案内を受けられます。それらに納得したら、依頼を正式に行うことが出来ます。正式な依頼をすれば、面談が行われます。その面談では、相続放棄に何が必要なのかを教えてくれます。手続きに必要な戸籍や申述書などの書類は、全て事務所に送りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加