住宅を売却する

様々な職業

任意売却でその後の生活が楽になる

多くの方が住宅ローンを利用して不動産を購入します。そのため病気やリストラによって住宅ローンを支払うことができなくなることも多くあります。このような状態になった時、任意売却という手段をとるかどうかがその後の生活を左右することがあります。 任意売却とは、金融機関との話し合いの上、住宅を売却し住宅ローン残高を減らす方法です。任意売却の場合、住宅は市場価格と同程度の金額で売却することができます。 住宅ローンが支払うことができなくなった時、早めに任意売却の相談をしなければ住宅は競売にかけられてしまいます。競売にかけられた場合は、市場価格の半値程度の価格で売却されてしまいますので、売却後も多くのローン残高が残ってしまいます。

専門の相談窓口に電話してみよう

景気が低迷している中、任意売却の相談をする人も増えてきています。また、住宅ローンの支払いが苦しくなり住宅を売却するというのが珍しくなくなったので、任意売却された住宅を購入する方も増えてきました。 それにより、より市場価格に近い金額での売却が可能になりましたので、住宅ローンいお悩みの方はぜひ、任意売却の相談をしてみてください。 任意売却の相談は、弁護士や司法書士に行うのが一般的ですが、現在では任意売却の相談を専門に受け付けている窓口があります。電話やメールなどでも簡単に相談することができますので、住宅ローンの支払いが苦しくなってきたらまず相談をしてみると良いです。 早めの相談でより良い結果になりますので、一人に悩まずに積極的に相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加